これで若返り効果!ほうれい線を消す3つの運動法

舌を出してほうれい線予防

口周りの筋肉は、ほうれい線にとってとても重要な役割を果たします。ほうれい線を予防するためには、口周りの筋肉を鍛える必要があります。舌を出して運動する方法として、まず口を閉じた状態で舌の先を使い、口の内側からほうれい線を押し上げるようにしましょう。そして押した状態を5秒間キープします。そして次にほうれい線に沿って、舌でなぞっていきます。

変顔で顔の筋肉を動かそう

ほうれい線の主な原因は顔の筋肉の衰えです。そのため、ほうれい線を目立たなくするには顔の筋肉を鍛える必要があります。顔の筋肉を鍛えるためには、ひょっとこの顔が重要なポイントとなります。特に口元に力を入れてすぼめると、口周りの筋肉を鍛えられます。次にふぐのような口元になるのも口周りの筋肉の運動になります。ふぐのように頬に空気がたくさん入っているようなイメージを持ち、同じように口を閉じた状態で空気を入れてふくらませます。このような変顔をする事で表情筋が鍛えられるため、普段では使わないような筋肉も使うことができ、ほうれい線へ有効的に働くのです。

ツボでほうれい線を解消

ほうれい線を目立たなくする方法の中には、ツボを押すといった方法もあります。小鼻の両方の脇と黒目の部分を線でつないだ際に交わる所がツボです。人指し指の腹で優しくそこのツボを5秒間押します。このツボはむくみを改善したり、肌の皮脂分泌を正常な状態へ戻してくれる作用があります。他にも口角の外側となる部分にツボがありますが、その部分を刺激する事で口角を高くする事が出来ます。毎日スキンケアを行う際に顔のツボを刺激して小顔を手に入れましょう。

品川美容外科の死亡について調べる